<   2010年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 「ほからなぬ人へ」で第142回直木賞を受賞した白石一文さん(52)は14日夜、東京・丸の内の東京会館で記者会見し、喜びを語った。報道陣との一問一答は以下の通り。

 《白石さんはシャツの上に厚手のカーディガン、黒いジーンズ姿で登場した》

 ――今の率直な感想は

 「全然受賞できると思っていなかったので、非常にうれしかったです」

 ――お父さま(白石一郎)は8回目で受賞されましたが、初の親子受賞で感慨は

 「2回目(での受賞)なのですが、うちの父は相当忍耐力があったと思います。変な話、がまんをして…。やはり待っている間、緊張しますよね。それは体験してみないと分かりませんでした」

 ――お父さまは亡くなられているが、今回の受賞をどのように思われていると思うか

 「私も死にかけている人間ですが(笑)。父も鬼籍に入って随分たちます。父は僕が小説家になることに反対していたので、ちょっと一安心してくれたのかと思いますね」

 ――従来の作品は哲学的なものが多かったと思うのですが、受賞作は恋愛的な要素が多い。構想のきっかけは

 「どちらかというと僕は、批判されたとしても小説の枠組みを壊していく小説を書いていこうと思っていて、その前に小説らしい小説というか、みんなが楽しんでくれる要素をふんだんに盛り込んだ小説を書いてみようと思ったのです。僕の場合、小説ではなく『大説』といわれることもあり、僕の意見を言うために小説を書いていると批判されることもありますが、あながち外れていない。ただ今回は、ある程度読者の方が楽しんでくれるような小説を書こうと思って書きました」

 ――以前、幼いころは直木賞は嫌いだったと仰っておられたが

 「僕がほんの小さいときですが、今日みたいに、(父とともに)小さな団地で発表を待つわけですね。そのころから直木賞という賞は大衆小説を書く人間の登竜門で、非常に重要な賞でした。それでさんざん落ちるところを見てきましたから。なければいいのにとすら思っていましたね(会場笑)」

 ――直木賞のことは今でも嫌いか

 「こうなってしまったら、当然変わらざるを得ないですよね(会場笑)。大好きとはいえなくても、好きくらいはいいたいですよね」

 ――次回作以降はどんな方向性で描きたいか

 「大きい賞を幸いいただいたので、次回を考える前に少し時間をおいて、自分が今後どういうものを書けるのか、1年くらいは考えていきたいですね。書くということは出力作業で、出しているときはなかなか入れづらい。読んできたものをはき出しながらやっているんですね。まずはそのどういうことが書けるかということを考えたいですね。そのために今回の賞が利用できるのであれば、僕にとって一番うれしい。いろんなジャンルのものにもう一度好奇心を持って読んでいきたいですね」

 ――40歳くらいのころに病気をされていますが、創作に与えた影響は

 「決定的だったと思います。もともと僕は皆さんと同じで、取材を中心とした編集作業をしていました。それが病気をしたことで、消えて亡くなるような思いをして、自分を失いかけました。自分を再構成したり取り戻したりするのに時間を使いましたね」

 ――書くことに関してお父さんから学んだことは

 「書かないと父は生きていけなかったんだと思います。ガンでなくなりましたが、最後まで書こうとしていました。僕はそういう人間になりたくなかったし、父もそうしたくなかったと思う。ちゃんとした勤め人の暮らしをまっとうしたいと心から思っていましたが、それができなかった。きちんとした勤め人の生活ができなかったというところから、書く以外にはやれることがないと改めて思いますね」

 ――もしお父さんが受賞を知ったら何と声をかけるか

 「早かったな、というんじゃないでしょうかね(笑)」

【関連記事】
芥川賞は該当作なし
産経新聞記者が占う直木賞 割れる本命、「鉄の骨」やや優位
“ハルキ・イヤー”にあえて「1Q84」を除くと…
涌井が怒りの保留「沢村賞のすごさ分かってない」
原監督が日本人初受賞 「国際寛容賞」って何?

こわばる民主議員、小沢氏に説明求める声(読売新聞)
悪天候 各地で大雪や強風 日本海側は14日も大雪(毎日新聞)
<寛仁さま>宮内庁病院から転院(毎日新聞)
外国人参政権、年内成立を=与党内の理解得られる−鳩山首相(時事通信)
<人事>外務省(13日)(毎日新聞)
[PR]
by qo55jmt7od | 2010-01-19 03:06
 ニフティが昨年11月、全国20〜40代の働く男女計900人(各世代男女150人)に行った貯金に関する意識調査で、全体の6割超が貯金額は300万以下であることが分かった。

 調査結果によると、全体の貯金額は1万〜100万円が最多で33・2%。次いで101万〜300万円が26・2%。0円の6・0%を含め、300万円以下が65・4%だった。

 世代別では、貯金が全くない人は20代3・0%、30代6・3%、40代8・7%。一方、1001万円以上は20代1・3%、30代9・3%で、40代では19・0%だった。40代では、貯金額に大きな差がみられた。

 貯金をする目的(複数回答)のトップは「老後のため」で全体の48%。女性の55・3%に対し男性は40・6%で、女性のほうが老後への不安が高い傾向がうかがえた。そのほか、「趣味のため」(37・6%)「教育資金」(20・2%)「マイホーム資金」(19・0%)などが続いた。

<踏切事故>特急が軽乗用車と衝突 男性1人死亡 青森(毎日新聞)
京阪電車と衝突、車の2人けが 乗客5100人に影響(産経新聞)
「反省の日々でした」 メッセ黒田さん、拘置中の心境告白(産経新聞)
<ねぶた>表参道をジャック 「美しすぎる市議」生出演(毎日新聞)
雑記帳 絵馬を同封した「合格マスク」が大人気(毎日新聞)
[PR]
by qo55jmt7od | 2010-01-16 21:22
 高松市出身の打楽器奏者、小松玲子さん(34)が香川県で主に産出される岩石「サヌカイト」で作った楽器を中心にした音楽グループを結成した。

 楽器は円筒状のサヌカイトを横に並べてつるし、棒でたたいて演奏する。石の長さによって音階を変え、オルゴールのような深い余韻を残す音色が特長。

 昨年末のデビューコンサートには約600人が集まり、5月には東京で公演する予定だ。小松さんは「音色に乗せて地元の魅力を発信したい」。

介護従事者の8割「業務内容に対し低収入」―公明党調査(医療介護CBニュース)
列車到着時刻の確認怠る=12人けがの衝突事故−北海道(時事通信)
「すき家」強盗容疑で中2男子を逮捕(産経新聞)
使用停止命令を解除=柏崎原発1、5号機−新潟(時事通信)
港町が生んだ偉大な功績、丸山 龍馬ら海援隊の人気今も(産経新聞)
[PR]
by qo55jmt7od | 2010-01-15 13:20
 大阪府羽曳野市の居酒屋「いーちゃん」で大阪市環境局職員杉浦泰久容疑者(49)が店にいた男女3人に発砲後、自殺した事件で、3人はいずれも胸や腹などをほぼ正面から撃たれていたことが13日、府警捜査1課への取材で分かった。同課は、同容疑者が離婚トラブルが原因で義母に強い殺意を抱いていたとして、自宅を捜索するなど捜査を進めている。
 同課によると、事件当時、妻(48)も店内にいたが、杉浦容疑者が訪れた際、すぐに2階に逃れたため無事だった。店内には4発の薬きょうが落ちており、3人のほか妻も狙われたとみられる。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕多発する銃犯罪
「大変残念」と四天王寺大=死亡の福井さん、昨年卒業
「言葉なくした」=職員の居酒屋発砲で大阪市長
杉浦容疑者、5丁所持=許可更新時、妻ら「問題なし」
離婚めぐり逆恨みか=5発発射、犠牲者3人に

キャッチ&リリース
d8ey3nknのブログ
自己破産
クレジットカード現金化
携帯ホームページ
[PR]
by qo55jmt7od | 2010-01-14 02:40