「新薬創出促進加算は画期的な制度改革の一つ」―庄田製薬協会長(医療介護CBニュース)

 日本製薬工業協会(製薬協)の庄田隆会長は1月29日の定例記者会見で、昨年末に中央社会保険医療協議会(中医協)が創設した、一定の条件の下で特許期間中の医薬品の薬価が下がらない「新薬創出・適応外薬解消等促進加算」について、研究開発型の製薬企業が進むべき方向性と一致し、「画期的な制度改革の一つだ」と評価した。

 ただ、「新薬創出・適応外薬解消等促進加算」は「新薬創出促進加算」と略すべきだと主張。未承認薬・未承認効能への対処は「あくまでも目前の問題」とし、今回の促進加算の本来の目的は「新薬創出をいかに促進するかにある」と述べた。

 また、今回は2年間の試行導入のため、恒久的な制度にする必要性を強調。次の2012年度薬価制度改革の議論では、「新薬創出促進加算の恒久制度化と、市場拡大再算定・特例引き下げ(後発品が薬価収載された場合の先発品の引き下げ)の見直しの2つが中心になる」と述べた。

 このほか、厚生労働省が2月8日に開催する「医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議」について言及。企業に対しては「会議での十分な検討を踏まえた上での要請には真摯に対応を」、行政当局に対しては「科学的な見地に立った適切な対応を」と求めた。


【関連記事】
薬剤費の削減額は当初試算から300億円拡大
【中医協】薬価制度改革の骨子を了承
【中医協】新薬価改定ルールなど制度改革の骨子を基に議論―薬価専門部会
【中医協】「新薬創出・適応外薬解消等促進加算」に賛意―業界ヒアリング
【中医協】薬剤費削減額4800億円、医療費ベースで1.3%下げ

<震災障害者支援>法改正含め対応へ 「阪神」で後遺症(毎日新聞)
インフル患者減少、7週連続=子供で増加傾向−感染研(時事通信)
小泉ジュニアや「美人市議」も登壇…自民党大会(読売新聞)
5月から市町村ごとに発表=気象庁の警報・注意報(時事通信)
<地震>静岡県で震度4=午前2時59分ごろ(毎日新聞)
[PR]
by qo55jmt7od | 2010-01-30 17:56