街頭に防犯カメラ設置=東京・秋葉原の町会−無差別殺傷事件受け(時事通信)

 2008年6月に無差別殺傷事件が発生した東京・秋葉原で、現場近くの神田末広町会(千代田区外神田)は26日、周辺の街頭に防犯カメラ16台を設置した。
 久保勝町会長(72)らによると、町会では数年前からカメラ設置に向けて準備をしていたが、17人が死傷した事件の発生を受け、都や区からの補助金などを基に実現した。
 設置場所は、警視庁と協議し、犯罪の多発する地域や通学路などに決めたという。
 同日、区立昌平小学校で設置式があり、石川雅己区長や警視庁の山下史雄生活安全部長ら約50人が参加した。
 山下部長は「防犯カメラは犯罪の抑止だけでなく、事件発生時には犯人逮捕にも効果がある。町の安心安全の礎だと思っている」とあいさつした。 

【関連ニュース】
金川被告に死刑=「極刑願望、身勝手極まる」
土浦連続殺傷、18日判決=「死刑」が動機、金川被告
契約社員の男を傷害容疑で逮捕=小1女児の腹殴り重傷負わす
初の少年被告に懲役5〜10年=連続女性暴行の裁判員裁判・名古屋
無差別連続殺傷で死刑求刑=「更生可能性は皆無」と検察

民家焼け跡から女性遺体=胸、背中に刺し傷−宮城(時事通信)
<可視化法案>今国会提出「難しい」…千葉法相ら(毎日新聞)
<火災>事務所兼住宅の一部焼く 1人死亡 大阪・城東(毎日新聞)
【社会部オンデマンド】東京湾第2海堡の黒煙の正体は?(産経新聞)
100年間進化のない「カレーうどん」を変えろ プロジェクト発足(産経新聞)
[PR]
by qo55jmt7od | 2010-01-28 07:41