働く20〜40代の6割が貯金300万以下(産経新聞)

 ニフティが昨年11月、全国20〜40代の働く男女計900人(各世代男女150人)に行った貯金に関する意識調査で、全体の6割超が貯金額は300万以下であることが分かった。

 調査結果によると、全体の貯金額は1万〜100万円が最多で33・2%。次いで101万〜300万円が26・2%。0円の6・0%を含め、300万円以下が65・4%だった。

 世代別では、貯金が全くない人は20代3・0%、30代6・3%、40代8・7%。一方、1001万円以上は20代1・3%、30代9・3%で、40代では19・0%だった。40代では、貯金額に大きな差がみられた。

 貯金をする目的(複数回答)のトップは「老後のため」で全体の48%。女性の55・3%に対し男性は40・6%で、女性のほうが老後への不安が高い傾向がうかがえた。そのほか、「趣味のため」(37・6%)「教育資金」(20・2%)「マイホーム資金」(19・0%)などが続いた。

<踏切事故>特急が軽乗用車と衝突 男性1人死亡 青森(毎日新聞)
京阪電車と衝突、車の2人けが 乗客5100人に影響(産経新聞)
「反省の日々でした」 メッセ黒田さん、拘置中の心境告白(産経新聞)
<ねぶた>表参道をジャック 「美しすぎる市議」生出演(毎日新聞)
雑記帳 絵馬を同封した「合格マスク」が大人気(毎日新聞)
[PR]
by qo55jmt7od | 2010-01-16 21:22