香川県産出「サヌカイト」で作った楽器で地元の魅力を発信(産経新聞)

 高松市出身の打楽器奏者、小松玲子さん(34)が香川県で主に産出される岩石「サヌカイト」で作った楽器を中心にした音楽グループを結成した。

 楽器は円筒状のサヌカイトを横に並べてつるし、棒でたたいて演奏する。石の長さによって音階を変え、オルゴールのような深い余韻を残す音色が特長。

 昨年末のデビューコンサートには約600人が集まり、5月には東京で公演する予定だ。小松さんは「音色に乗せて地元の魅力を発信したい」。

介護従事者の8割「業務内容に対し低収入」―公明党調査(医療介護CBニュース)
列車到着時刻の確認怠る=12人けがの衝突事故−北海道(時事通信)
「すき家」強盗容疑で中2男子を逮捕(産経新聞)
使用停止命令を解除=柏崎原発1、5号機−新潟(時事通信)
港町が生んだ偉大な功績、丸山 龍馬ら海援隊の人気今も(産経新聞)
[PR]
by qo55jmt7od | 2010-01-15 13:20