<桜>若木35本、根元付近で切断 河川敷に放置 山口(毎日新聞)

 24日正午ごろ、山口県美祢市於福町下の厚狭川沿いに植えられた桜の若木35本が、根元から約1メートルの高さで切断されているのを住民が見つけた。切られた部分は約2メートル下の河川敷に放置されていた。県警美祢署は器物損壊容疑で調べている。

【こちらはチューリップ】また被害 大阪・鶴見緑地で900本 2010年3月

 同署などによると、桜はソメイヨシノ(太さ5センチ、高さ約4メートル)。川沿いに約150メートルにわたり植えられていた。目撃証言などから23日午後4時から24日正午の間に、のこぎりのようなもので切られたらしい。

 地域住民らが3年前、高さ約2.5メートルの苗木を植え、草刈りなどの管理をしていた。植樹に参加したという近くの男性(78)は「来春は花見ができるねと、みんなで話していたが……」と落胆していた。【諫山耕】

【関連ニュース】
【器物損壊】こち亀:曲げられた「麗子像」まっすぐに 誰の仕業?
【器物損壊】こち亀「両さん」像を修復…東京・亀有
【器物損壊】鳩山一郎元首相墓に黄色塗料 谷中霊園
【器物損壊】ヤギ:左右の角2本折られる 千葉の動物飼育場
【器物損壊】全国初の110番通報装置付き自販機壊される 2008年10月

<防衛省>試験さらに出題ミス(毎日新聞)
井上公明幹事長、民主に憲法審査会始動を要求(産経新聞)
ワクチン接種、地元と合意=補償案を宮崎知事に提示―農水副大臣(時事通信)
地域の介護従事者の地位向上、待遇改善を―ワーカーズコープ連合会(医療介護CBニュース)
首相「辺野古」表明、沖縄と社民は強く反発(読売新聞)
[PR]
by qo55jmt7od | 2010-05-27 17:53